スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

電子辞書[△]

英語や二外では便利。
特に、予習を忘れた英語では、神にも等しい存在と化す。
ただし、高校で使っていたモデルにそれなりの辞書が入っているなら、新しく買う必要性は薄い。
私は、高校時代の辞書のほうが充実していた--とさえ思う。

フォローしておくと、生協で販売しているEx-Wordは、
 ①二外の辞書(追加カード)
 ②岩波理化学辞典(本体インストール)
 ③辞書カバー

の特典がある。

詳しくは追記で。

①二外の辞書
二外の単語は、教科書の索引から確認したり、ネットで調べたりできる。
2年でも二外をやる某文系学科でもなければ、不要。

②岩波理化学辞典

けっこう「いいじゃん」な説明をしてくれる。
説明の文章はちょっとかたいけど、課題やレポの合間に調べてみると面白い。
Wikipedia丸写しは避けたいし不安という人は、考えてみてもいいかもしれない。

③辞書カバー
使いづらい。上画面を固定すると下画面が浮き、その逆もしかり。
しっかり辞書を開くと、固定が外れてしまうのだ。

そして電子辞書の1番のメリットは・・・・
・・・・ココだけの話、辞書を調べているフリをしてクロスワードや単語を調べて遊んだりできたりもする。
こういうところは紙辞書ではできないところ。



-----結論:案外使わない。
           予習レスや岩波理化学辞典にひかれるか?



※「それなり」というのは、高校学習用じゃない、普通の辞書ということ。
例文が豊富だとうれしい。
さすがにこの時代に、訳だけしか表示されないタイプの電子辞書を持っている人はいないと思うが、ああいうのはいらん。
スポンサーサイト
[ 2011/12/12 21:51 ] 道具あれこれ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://tomperu.blog.fc2.com/tb.php/3-5050dc41


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。